赤ちゃんに触れるような刺激で 嘘のように痛みが無くなるので
全国の脊柱管狭窄症患者さんから問合せや施術依頼が殺到!!

【躍進企業応援マガジンCOMPANY TANK】
経営者インタビューにて、タレントの矢部みほさんと対談しました。

1日も早く手術を受けるように言われ 絶望していた方が
優しい施術だけで激痛が改善した喜びの声!

ヘルニアの痛みで座ってピアノを弾けなかったのが、 3ヶ月で演奏会で弾けるように!

野球肘で投球できなかった痛みが1ヶ月で完治し、試合に出場!

脊柱管狭窄症の激痛で寝たきりだったのが、3ヶ月で完治し仕事に復帰!

  • 臀部や下肢の激痛で寝たきり状態 ➡︎ 施術1ヶ月で椅子に座って食事、2ヶ月で歩けるまで改善
  • 起き上がりや寝返りが辛い激痛 ➡︎ 1度の施術で激痛が半減、3ヶ月後にゴルフができるほど改善
  • 歩いて5分ぐらいすると下肢に痛みが走り歩けなくなる ➡︎ 2週間で歩行時の痛みが消失
  • 脊柱管狭窄症の診断で手術しかないと言われている ➡︎ 激痛がなくなり、手術が必要なくなった!
  • 五十肩の痛みで腕が上がらない ➡︎ 肩の痛みが消え、腕が上まで挙がるようになった!
  • 寝違いで首が回せない ➡︎ 痛みが一瞬で改善し、首が回るようになった!
  • ぎっくり腰の激痛で身動き一つとれない ➡︎ 一度の施術で歩けるようになるまで回復

 

ほとんどの方は、お医者さんから1日も早く手術を受けるように言われていたのですが、優しく触れる程度のわずかな刺激だけで、激痛がものの見事に改善いたします。

ただ単に治療効果が高いだけではなく、この手技によって改善した症状は、基本的に元の状態に戻ることはありません。なぜなら、ただ筋肉を緩めたり、関節を矯正したり... という従来の手技とは一線を画す施術理論が隠されているからです。

この施術法は、レントゲンにも映らない、 手術をしても改善できない、従来の手技では到達不可能な・・、つまり、今までどの治療家が全くアプローチできなかった「痛みの本当の原因である部分」に ピンポイントで狙い撃ちする方法を、業界で初めて体系化することに成功しました。 

その原因となる部分は、全ての動作の起点となる重要な場所で、ここが動作不良が起きているために、その他の関節や筋肉に負担をかけ、様々な動作時の痛みを誘発してしまうのです。

この動作不良を改善することで、痛みが劇的に改善し、真の健康を取り戻すことがはじめて可能になるのです。

お客さまの実際の声

HP通りの優しい先生で安心しました。

千葉県茂原市 Y.Y.さま 70代女性 腰部脊柱管狭窄症

左臀部から下肢ににかけて激痛、しびれがあり寝たきりの状態でしたが、神経系に働きかける施術の説明を受け、期待できると感じました。

施術を重ねるごとに筋肉などがほぐれ、寝返りやポータブルトイレへの移動などの動きがしなやかになってきました。

“リスクが高く 治らない治療”をずっと続けたいですか?

■薬物療法

腎機能障害や肝機能障害など、
長期的や投与による副作用のリスク

■ブロック注射

アレルギー反応や血圧低下など合併症のリスク

■手術

リスクの高い手術を受けても
80%以上の方は痛みが改善しない

■一般的な整体院や整骨院

ほとんどの整体院では脊柱管狭窄症の痛みの原因にアプローチできない

残念ながら高額な治療費をかけて これらの治療や施術を受けても
8割以上の方は痛みが改善しません

 

病院で「脊柱管狭窄症」や「ヘルニア」の診断された方から多くの相談を受けますが、皆様のお話を聞くと、

「診断されて3ヶ月経つが痛みがまったく改善しない」

「痛み止めの薬を飲んでいるがまったく効かない」

「ロキソニンやリリカ、オパルモンなどのお薬を処方されたが、改善しない上、副作用でフラフラする」

「神経ブロック注射をしたがまったく効果がない」

「整骨院や整体院、はり治療など何件も通ったが、痛みが治らない」

「整形外科で手術を早急に受けるように言われている」

「手術しないで痛みを改善させたい」

など、ほとんどの方が同じような訴えをされます。

薬やブロック注射、他の整体での治療を受けても、なぜほとんどの方が脊柱管狭窄症の痛みが改善しないのでしょうか。

それは、痛みの本当の原因が、レントゲンやMRIに写る脊柱管狭窄症やヘルニアの部分と別であるケースがほとんどだからです。

つまり、お医者さんは痛みの原因をほとんど特定していないのです。

中には「病院では身体に一度も触れられていない」という患者さんもおられます。

そのような診察で、どのように痛みの原因を特定できるのでしょうか。

歯が痛い人が耳鼻科に行って治らないように、目の痛い人がメガネ屋さんに行って治らないように、

痛みの原因ではない脊柱管狭窄症の治療を施しても改善がみられないのは、当然の結果です。

手術宣告をうけた激痛からあなたを救う最後の砦
−AKS療法®−

手術なしで85%以上の方の症状が改善した国内トップクラスの実績!

どこに行っても治らなかったあなたの痛みが、なぜAKS療法で改善するのか?

AKS療法開発者山内義弘先生(左)と当院代表(右)

◆理由その①:激痛の本当の原因へアプローチ

10万症例以上のデータから、身体の痛みを徹底研究し開発された『激痛の本当の原因へアプローチ』

整形外科で手術してもヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みが改善しないのはなぜか。それは、MRI画像やレントゲン写真に写っているヘルニアや脊柱管狭窄症の所見と、痛みの原因が違う場所にあるケースがほとんどであることがわかりました。(腰痛などの痛みの人でも70%以上の方にヘルニアなどの所見が出ている研究データがあります。)

10万症例以上のデータから、真の原因を特定し、それをわずかな刺激で改善できるように開発されたのがAKS療法です。

 

◆理由その②:痛みの科学的な治癒プロセス

身体の痛みや障害を解剖運動生理学に則って捉えた『痛みの科学的な治癒プロセス』

身体の痛みを起こす原因は「関節」「筋肉」「神経」の3つのどこかに存在します。そのうち動作時の激痛の80%以上は、ある関節の動作不良に原因があることが、膨大な研究の結果判明いたしました。

AKS療法では①関節 ②筋肉 ③神経と順を追ってアプローチすることによって、どこに痛みの原因が潜んでいたとしても、確実に改善することができるのです。

 

◆理由その③:国内トップレベルの施術技術

AKS療法開発者の山内義弘氏より正式に認定されたAKS療法士による『国内トップレベルの施術』

当院の院長はAKS療法マスターコース過程を終了し、正式に認定されたAKS療法士です。日本トップクラスの改善実績を誇るAKS療法の施術を安心してお受けいただけます。

我々のゴールは症状の完治ではなく、一生健康でいられる身体づくりです。だから、症状の改善から一生再発しないセルフケアの指導まで、とことんお客様と向き合います。

AKS療法はどれぐらい改善効果のある治療法なのか

〜なんと!施術未経験のド素人が重症患者さんをAKS療法で改善させた!?〜

様々な治療法を全国に紹介している株式会社ウィンキューブホールディングスさんが、AKS療法の治療効果を実証するために、「施術経験のないド素人がAKS療法を使って、重症患者さんを施術する」という信じられないような実験をおこないました。

今回、実際に施術を担当したド素人というのは・・・

彼、馬場直樹さんです。

普段は、治療家向けに治療法の紹介記事をかいている、治療家とは一切関係ないデスクワークのライターです。

その施術ド素人の彼が今回AKS療法を使って、実際の重症患者さんの施術に挑戦しました。

以下、衝撃の結果をご覧ください!!

【CASE①】
脊柱管狭窄症で手術宣告を受けた女性が
たった1回でスイスイ歩けるように!

手術が必要で薬や注射も効かずに激痛で苦しんでおられた70代の脊柱管狭窄症患者さんが、素人が施術しただけで、スイスイ歩けるようになりました。
2週間たっても戻りがなく、スキップができるほど改善するという驚きの結果に

【CASE②】
夜も眠れないほどの激痛に苦しんだ五十肩が10分で
痛みが消えて、肩が上まで上がるように!

五十肩の激痛で苦しむ60代の女性に施術してみたところ、初回で痛みが半減、可動域も大幅に改善いたしました。
2週間後も症状が戻っておらず、さらに良くなっていました。

➡︎百発百中で改善したという驚きの結果になりました。

プロの治療家である私としても正直この結果に驚きました。プロでも治すのが難しい症状の重症患者さんを、素人があっさりと治してしまったわけですから・・・。

施術にあたっては事故が無いよう、開発者の山内先生が同席されていたのですが、実際に施術をおこなったのはAKS療法をDVDで学んだけのド素人です。

全ての素人が同じような結果を100%出せるかどうかはわかりませんが、このAKS療法の治療と治癒の絶対法則がいかに優れているかということが証明されました。

本当にびっくりです。プロの治療家もうかうかしていられません。

当院の施術は、開発者の山内先生より正式に認定されたAKS療法士が行いますので、どうぞご安心ください。

整形外科病院でも正式導入されるAKS療法の高い信頼性

医療法人グリーン会 整形外科はやしだ病院 

院長の林田さま、理学療法士の皆様から 推薦のお声をいただくAKS療法®

山内義弘先生による研修風景

■ 長年の痛みが一瞬で…治療効果の高さに鳥肌が止まりません。 

AKS療法®は、難治性の疾患にも必ず変化を出すことができ、患者様をその場で笑顔にできる驚異の治療法です。セミナーで初めて見た時、そこで次々と患者様の痛みを改善する場面を目の当たりにしました。現在は、当院総勢7名の理学療法士にAKS治療を研修させ、地域の健康に貢献しています。

AKS療法®を導入してからは、

 ・腰椎椎間板ヘルニアによる痛みと麻痺を消し去り、手術回避することができた

 ・変形性膝関節症で正座できなかったのに、わずか1週間で正座できるようになった

など…普通では考えられないような施術結果を目の当たりにしてきました。 

長年の痛みが一瞬で楽になった患者様の驚きに、私もびっくりして今でも度々鳥肌が立ちます。難治症の患者様を笑顔にできる驚異の手技だと思っています。

【東京都港区より関東一円対応の出張整体】手術宣告を受けた重度の痛みをも根本改善するAKS療法 
パナケア–PANACEA–

パナケア 代表 小久保 在

■代表からご挨拶

はじめまして、AKS療法士の小久保在(Mitsuru Kokubo)と申します。

現在、本当に多くの方が腰や下肢などの苦しんでおられ、中には激痛で寝返りや起き上がるのもつらいために、寝たきりになってしまう方も少なくありません。

病院で診療を受けると8割以上の方が脊柱管狭窄症、ヘルニアと診断されます。

最初はブロック注射や薬を飲んで治療をするものの、痛みが改善されないケースも多くみられるため、最後の手段として手術を勧められます。

多くの方は「お医者さんがおっしゃるのだから間違いない」という思いがあるために手術を決断されるのですが、本当は手術を受けずに済むなら、と思う方がほとんどではないでしょうか?

実際のところは、リスクの高い手術を受けたとしても8割以上の方は痛みがなくならず、たとえ一時的に痛みがなくなってもまた再発するケースが多いのが事実です。

そして、お医者さんから「高齢だから・・・」という心ない言葉を言われ、あきらめて希望を失ってしまった方もたくさんおられます。

私のもとには、そんな患者さんやご家族の方から、ほぼ諦めの気持ちで相談に来られます。

その際、私はこのようにお答えしています。

「年齢は関係ありませんよ。たとえお医者さんから匙を投げられた方でも、AKS療法®ならば改善できるケースは8割以上あります。」

AKS療法®は、手術しかない脊柱管狭窄症やヘルニアのような重度の痛みを、根本治癒させるために開発された施術法です。しかも、施術時の刺激はほとんどなく、リスクも全くありません。

実際、痛みで寝たきりの方が1ヶ月で起き上がれるようになったり、歩けない痛みの方がゴルフに行けるようになるなど、改善例は数え切れない程です。

お医者さんから手術しかないと言われた方や、他の治療を受けても治らなかった方でも、ぜひあきらめずに当院にご相談ください。

他の治療院なら困惑するような重度な症状も
AKS療法なら一撃で改善!!

このAKS療法では、なんと患者さんの 8割以上はたった1回で激痛が改善します。 

しかも、重症であればあるほど初回の治療効果は抜群です。

他の治療院なら困惑するような症状でも、たった1回の施術で即日~2週間かけて痛みが改善します。

改善過程には必ず当てはまる法則性があるので、

「このつらい痛みが本当に消えるのかな...?」 

と不安を感じる必要はありません 。

痛みの真の原因を明確に突きとめ、ピンポイントで取り除くことができるので、 何をしても治らなくてお手上げと言われてしまったような重症患者さんほど 劇的な改善を実現することができます。 

■AKS療法で改善できる代表的な症状

寝返りや起きあがりが出来ないほどの激痛

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアでは比較的重度な部類に入ります。

痛みで寝たきりになるケースも多く、介添えが必要で日常生活がとても不自由になります。

腰、臀部、下肢の歩けないほどの痛み、あるいは5分ぐらい歩くと痛み出す

これは脊柱管狭窄症の診断では、比較的多い症状といえます。

長時間の歩行が出来ないため、仕事や買い物など日常生活に支障をきたし、心理的なストレスも伴います。

座っていると腰、臀部、下肢に痛みや痺れがでる

ヘルニアの診断をされている方に多い症状です。

若い方でも、長時間座った姿勢の仕事をするデスクワークや長距離ドライバーの方はこの症状が出やすくなります。

その他、手術宣告された激痛から、ぎっくり腰、五十肩、スポーツ障害など
あらゆる症状に対応

運動選手の身体機能向上

AKS療法では各関節の感覚センサー(固有受容器)へアプローチするため、脳から身体への神経の伝達がスムーズになります。

つまり頭でイメージした運動の動作に対して、身体が正確かつ瞬時に反応しやすくなるため、スポーツのパフォーマンスが向上いたします。

神経伝達がスムーズになるとどのようにスポーツに影響するかというと、

【サッカー】キック力が強くなったり、キック時のインパクト、ドリブルのボールコントロール・タッチが正確になる。

【野球】球速が上がり、コントロールが良くなる、バッティング時のスイング精度が向上し、飛距離が伸びる。

【ゴルフ】スイング精度が向上。飛距離が伸びる。スイング時の体軸が定まる。

など、ほんの一例を挙げさせていただきました。

スポーツ全般には、各関節や筋肉の可動域があがるので、怪我をしにくい身体になります。

従来の身体を伸ばすだけのストレッチは怪我をしやすくなるという研究結果も出ているように、スポーツの世界でもこれまで当たり前とされてきたトレーニング方や運動の理論に行き詰まりを感じる方が多く、AKS療法の理論を学ぶコーチ、インストラクター、トレーナーが増えてきました。

各スポーツの現場にもAKS理論を取り入れていただくことで、選手のパフォーマンスを上げるだけでなく、選手寿命を伸ばすことにもつながります。

AKS療法®のパナケアが選ばれる理由

重度の痛みを手術なしで改善するトップレベルの施術

AKS療法®は、脊柱管狭窄症やヘルニアなど、手術しかないと言われるほどの重度の痛みでも、根本原因となるあるポイントを優しく刺激するだけで治癒させることが出来る施術法です。

痛みの根本原因にアプローチするので、ほとんどの方は、わずか1度の施術でも激痛が改善するのを実感していただけます。

AKS療法の開発者山内義弘氏から正式に認定を受けたAKS療法士によるトップレベルの施術ですので、安心してお受けいただけます。

丁寧なヒアリングと検査で根本原因を正確に分析

施術前のヒアリングと検査に十分な時間をとっております。

どこに痛みがあるか?

どのような姿勢で痛みがでるか?

どのような動作で痛みが出るか?

これらをきちんと正確に把握することで痛みや痺れの真の原因が明確になるので、施術以上に大切な要素です。

原因さえわかればその箇所の施術をするだけで、激痛がうそのように改善していきます。

自宅で受けられるので痛みで通院が不安な方も安心

この施術が必要な方ほど、痛みで歩行困難であったり外出が難しい方が多いのが現実です。

また、「コロナ禍でなるべく外出したくない」「子供連れで外に出にくい」といったお客さまにとっても、整体院に行かなくても施術が受けられるので安心です。

お客さまが慣れた場所で、リラックスした状態で受けていただけるので、身体が緊張から開放され、施術自体も最大の効果を発揮することができます。

 

出張訪問施術における守秘義務・プライバシーの厳守について

当院は出張訪問施術の形態をとっている関係上、特にお客様の個人情報の守秘義務やプライバシーの厳守を徹底しております。

 1. 出張訪問施術の全ての状況において知り得た個人情報は、守秘義務により固く厳守します。
 2. インターネット上で発生した個人情報に関して、無断で利用することは一切ありません。
 3. 収集したいかなる個人情報も、厳正な管理の元で保管いたします。

当院における新型コロナウイルス感染症対策について

当院では感染防止のため、次の取り組みをおこなっております。

■当院の取り組み

  • 出勤前の検温
  • 頻繁な手洗い、うがいと手指の消毒
  • 施術時のマスク着用
  • マット、枕、バッグなど持参備品の使用前、使用後の消毒実施

■お客様へのお願い

  • 施術当日、風邪症状・発熱(37.5度以上)症状がある方、だるさ、息苦しさがある方は、事前にご連絡をお願いいたします。
  • 施術中はマスクの着用にご協力をお願いいたします。

症状別のお悩み相談室

仕事中、突然腰に激痛が走って、手すりを掴んだまま身動き一つ取れなくなってしまった!ぎっくり腰に襲われると痛みと共に不安に襲われるものです。しかし、ぎっくり腰の痛みの原因と正しい対処の方法を知っていれば、落ち着いて対処することができます。

朝、目が覚めると首が痛くて動かせない寝違えの痛み。首の痛みは必要以上に不安を感じてしまうかもしれませんが、寝違えの原因のほとんどはある関節の動作不良によっておこります。急な痛みでも原因と対処方法を知ることで不安に襲われることがなくなります。

多くの人が悩みを抱える腰痛ですが、放っておくとぎっくり腰やヘルニアなど、重度な痛みをともなうことになりかねません。日々の簡単なケアをおこなうだけで予防できますので、少しでも違和感を感じたらすぐに対処しましょう。

歩いてしばらくすると臀部や足が痛み出す、夜も眠れないほど腰や臀部に走る激痛がつらい。整形外科では「脊柱管狭窄症」と診断され、手術しかを勧められました。しかしほとんどの場合、手術をぜずに改善することができます。その理由とは?

手術の名医を絶対に探してはいけない理由!

脊柱管狭窄症の治療で薬物療法やブロック注射が効かない場合、手術を強く進められます。そこで患者様が次に考えることは、手術の名医を探すことです。

不安な手術を受けるのに、少しでも腕のいい名医から手術を受けたいのは当然のこと。

しかし、この行為があなたの症状をますます悪化させ、痛みがさらに強くなってしまいます。その理由とは?

詳細はこちらへ

腰や臀部、下肢の激痛で寝返ることもできず、眠れない日が続く。

脊柱管狭窄症やヘルニアの診断を受けて、薬やブロック注射が効かないので、お医者さんからは手術を勧められています。しかし、その激痛は手術をしなくても改善できます。

AKS療法に隠された絶対的治癒の法則で、確実にあなたの痛みを改善できます。寝たきりになってもあきらめないでください。

今よりも少しでもパフォーマンスをあげようと、アスリート達は自身を限界まで追い込んで日夜トレーニングに励んでいます。

しかし、パフォーマンスを上げるためには、ほどんとのアスリートが意識していない大切な要素が一つあります。

その要素とは何か?

脊柱管狭窄症の診断をされ、手術を余儀なくされました。

これで痛みが治るならと、日本を代表する名医の手術を受けたが、痛みが改善することはありませんでした。

高い費用をだして、わざわざ名医の手術を受けたにもかかわらず、痛みがなくならないのはなぜなのでしょうか?そして本当の治し方とは?

News & Topics

2021/4/7
タレントの矢部みほさんと対談いたしました。
2021/4/5
「劇的改善の最後の砦 無料診断フォーム」にて無料診断を開始しました。
2020/12/18
ホームページを公開しました

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6822-8509

受付時間:10:00~21:00
定休日:不定休

※フォーム問合せは24時間受付中