お悩み相談室
(身体の痛みに関する不安や悩みを解消いたします)

脊柱管狭窄症と診断された時、手術の名医を絶対に探してはいけない理由とは?

 

50代以上の方が腰痛や臀部に激痛が走った時、整形外科に駆け込むと「脊柱管狭窄症」という診断がくだされる方がほとんどです。

脊柱管狭窄症の診断を受けると以下の治療が行われます。

  1. 薬物療法 → 神経への血流の改善、痛みに対する消炎鎮痛など
  2. 理学療法士によるリハビリや生活指導
  3. 神経ブロック注射

 

そしてこれらの治療で効果が出ない場合、手術を勧められます。

手術宣告を受けた時に患者様が次に考えることは、少しでも手術の腕の良い名医を探すことです。

リスクの高い手術を受けるのですから、確実に治せて信頼できる名医から手術を受けたいと思うのは当然のことです。

しかしこの行為自体が、いかに症状を悪化させる原因になっているかを知っていただく必要があります。

「腕のいい名医なら手術を成功させてくれるから、確実に治るんじゃないの?」

確かに名医であればその手術は成功し、脊柱管狭窄症を治してくれるでしょう。しかしあなたの痛みを確実に治してくれる訳ではありません。

「そんなことってあるの?」

そう思われるのも無理はありません。

しかし、脊柱管狭窄症の診断にこだわっている限り、症状は改善しない、という驚きの事実があることをを知っていただきたいと思います。

 

この事実を説明するために、ある研究データをご紹介いたします。これは、国際腰痛学会で腰痛界のノーベル賞とも評される「ボルボ賞」を受賞した世界的に有名な研究データです。

腰痛などの症状がない健常者のMRIの画像データの研究がされ、対象者の76%に椎間板ヘルニアが見られ、85%に椎間板変性が発見された。

椎間板ヘルニアは、腰痛を訴える人と、腰痛を訴えない人では差が無かった。

その後もさらに研究は進み、「椎間板ヘルニアが腰痛の原因」とされるのは、全体の約3%程度にしかすぎないということがわかってきた。

この研究でわかることは、痛みのあるなしにかかわらず、椎間板ヘルニアは76%、椎間変性は85%にみられ、病院で画像検査をすれば、10人中8人はヘルニアが見つかるという驚きの事実です。

この研究は医療の現場に大きな衝撃をあたえました。

医師の誰もが、「ヘルニア=痛み」と考えていたからです。

つまり、脊柱管狭窄症やヘルニアと診断された方は、その痛みと因果関係がないケースが大半を占めています。

だから、手術をしても痛みが改善されないことが多いのです。

 

■脊柱管狭窄症やヘルニアの真実

では、脊柱管狭窄症やヘルニアの痛みの真の原因はどこにあるのでしょうか。

実は痛みの80%以上は、ある関節の機能障害が原因でおこっています。

その関節とは、肋椎関節(全体の60%)と仙腸関節(全体の20%)です。

この機能障害を改善することで、動作時の激痛をほとんど改善することができ、リスクの高い手術を受ける必要がないのです。

 

これらの関節の機能障害を、わずかな刺激で改善することができる国内トップクラスの技術が

「AKS療法®」なのです。

 

専門の整体院に見てもらうことをおすすめいたします。

ご紹介したセルフケアをおこなうだけでも腰痛などの改善が見られると思います。

しかし、腰痛が起こる原因は複雑です。

長期にわたる生活習慣や仕事時の姿勢などで、身体の色々な部位の不具合が腰痛やぎっくり腰を引き起こします。

根本的な改善をしておくことで、ぎっくり腰の再発や慢性腰痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症の予防にもつながるので、是非専門の施術院に見てもらいましょう。

当パナケアでも重度の痛みに対応可能な出張施術を専門に行なっておりますので、お近くに信頼できる施術院が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6822-8509

受付時間:10:00~21:00
定休日:不定休

※フォーム問合せは24時間受付中