お悩み相談室
(身体の痛みに関する不安や悩みを解消いたします)

「座っていると腰が痛くなったり、足が痺れて立ち上がれなくなる。」

「歩いていると足腰に痛みがでる。」

「寝返りや起き上がる時に激痛が走る。」

そんな時は、痛みと共に不安な気持ちに襲われるものです。

出会ったことのない幽霊、底が見えない沼など、人は見えない物に対して不安や恐怖を抱きやすいものです。

しかし、幽霊に見えたものが木だと分かったり、沼の深さが腰までしかないとわかれば、途端にその不安や恐怖は解消されます。身体の痛みも同じで、何が原因で痛みが起こり、どうすれば治るのかがわかれば、全く怖いものではありません。

ここでは、10万件の症例から導き出した身体の痛みの根本原因と、解決策をお伝えしていきたいと思います。

皆様の不安が解消し、心身共に健康になっていただけるようお手伝いいたします。

症状別のお悩み相談室

仕事中、突然腰に激痛が走って、手すりを掴んだまま身動き一つ取れなくなってしまった!ぎっくり腰に襲われると痛みと共に不安に襲われるものです。しかし、ぎっくり腰の痛みの原因と正しい対処の方法を知っていれば、落ち着いて対処することができます。

朝、目が覚めると首が痛くて動かせない寝違えの痛み。首の痛みは必要以上に不安を感じてしまうかもしれませんが、寝違えの原因のほとんどはある関節の動作不良によっておこります。急な痛みでも原因と対処方法を知ることで不安に襲われることがなくなります。

多くの人が悩みを抱える腰痛ですが、放っておくとぎっくり腰やヘルニアなど、重度な痛みをともなうことになりかねません。日々の簡単なケアをおこなうだけで予防できますので、少しでも違和感を感じたらすぐに対処しましょう。

歩いてしばらくすると臀部や足が痛み出す、夜も眠れないほど腰や臀部に走る激痛がつらい。整形外科では「脊柱管狭窄症」と診断され、手術しかを勧められました。しかしほとんどの場合、手術をぜずに改善することができます。その理由とは?

脊柱管狭窄症の治療で薬物療法やブロック注射が効かない場合、手術を強く進められます。そこで患者様が次に考えることは、手術の名医を探すことです。

不安な手術を受けるのに、少しでも腕のいい名医から手術を受けたいのは当然のこと。

しかし、この行為が痛みを強め、症状をますます悪化させしまいます。その理由とは?

寝返りの激痛を一撃改善!?

腰や臀部、下肢の激痛で寝返ることもできず、眠れない日が続く。

脊柱管狭窄症やヘルニアの診断を受けて、薬やブロック注射が効かないので、お医者さんからは手術を勧められています。しかし、その激痛は手術をしなくても改善できます。

AKS療法に隠された絶対的治癒の法則で、確実にあなたの痛みを改善できます。寝たきりになってもあきらめないでください。

今よりも少しでもパフォーマンスをあげようと、アスリート達は自身を限界まで追い込んで日夜トレーニングに励んでいます。

しかし、パフォーマンスを上げるためには、ほどんとのアスリートが意識していない大切な要素が一つあります。

その要素とは何か?

脊柱管狭窄症の診断をされ、手術を余儀なくされました。

これで痛みが治るならと、日本を代表する名医の手術を受けたが、痛みが改善することはありませんでした。

高い費用をだして、わざわざ名医の手術を受けたにもかかわらず、痛みがなくならないのはなぜなのでしょうか?そして本当の治し方とは?

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6822-8509

受付時間:10:00~21:00
定休日:不定休

※フォーム問合せは24時間受付中