AKS療法®とは

AKS療法と施術についてご紹介します。

■AKS療法®の由来と開発経緯

これまでどんな治療をしても治らず、手術しかないと宣告された辛い痛み。その根本的な原因を明らかにして、痛みを治癒させることが出来る療法です。

身体の障害を解剖運動生理学に則って科学的に捉え、①関節、②筋、③神経と順を追ってアプローチすることによって、痛みなどの症状の原因を明らかにし、ヒト本来の機能を引き出す徒手による技術です。

この療法を開発された理学療法士である山内義弘氏は、約20年前に医業界でトップレベルの脊柱治療を行うAKA-博田法専門整形外科にて多くの治療にあたり、たくさんの人を身体の痛みや苦しみから救ってこられました。

ぎっくり腰をはじめとする腰痛、寝違い、変形性膝関節症など、あらゆる痛みを改善できる技術を研鑽しておられたのですが、ところが脊柱管狭窄症による痛みだけはどうしても思うように治療効果があらわれませんでした。

山内氏はこの脊柱管狭窄症で苦しむ方々を救う方法を編み出すべく、25,000症例・75,000回以上の治療実績を積み重ねました。

そしてついに、脊柱管狭窄症による痛みを一瞬で改善できる最後の治療、AKS療法®を開発しました。

AKS療法®の名称は

 Anatomy(解剖学)のA

 Kinesiologic(運動生理学)のK

 Science(科学)のS

この3つの頭文字を合わせた治療名です。

 

AKS療法®の種類について

AKS療法®にはには大きく分けると「関節」と「筋肉」への2種類のアプローチがあります。

動作時痛の原因の8割は関節にあります。それを改善するための、関節に対するAKS療法®についてご紹介いたします。

関節の問題を改善しても痛みが残る場合におこなう、筋肉に対するAKS療法についてご紹介いたします。

■世界で1番優しい施術

巷の整骨院や整体院、整形外科で行われている整体・AKA・カイロなどの関節治療は刺激のし過ぎにより関節のはたらきを逆に奪っています。

AKS療法を開発された山内先生は、自身の辛い痛みを克服した経験や、脊柱管狭窄症専門治療家として25,000 症例以上の実績に基づき、関節への刺激は弱ければ弱いほど施術効果があることを発見されました。

そして医学的根拠に基づき、優しい刺激の施術を極めたのがAKS療法です。

この関節に対するAKS療法の特徴は

 ◆世界一優しい刺激なので安心・安全

 ◆超短時間(トータル5分)の関節刺激で身体負担ゼロ

 ◆関節が原因の痛みに対しては80%の治癒率を誇る

関節が優しくたわむような愛護的な刺激が、あなたの痛みを知らぬ間に消し去る不思議な効果を安心して実感していただけます。

■なぜ、優しい刺激ほど効果が出るのか?

骨と骨のつなぎ目のことを関節と言い、滑らかな関節運動を可能にしています。そしてこれらの関節をやさしく包み込み、痛みや動きをコントロールしている袋があります。これを関節包(かんせつほう)と言います。

この関節包の中には3種類のセンサーの働きがあります。

 ●関節がどのくらい曲がっているか大脳(脊髄)に教えている位置センサー

 ●関節周りの筋肉の動きを大脳(脊髄)と調整している運動センサー

 ●関節にかかる過大な負荷を大脳(脊髄)に教えている関節保護センサー

これらのセンサーはAI でも追いつけないほどの超精密回路が備わっており、センサーに異常が起こると関節は上手く働かずに痛みとして大脳に報告してしまいます。

この超精密なコンピューター以上のセンサーに強い刺激を与えるとどうなでしょうか?

なぜ優しい刺激が大切か、容易にご想像いただけるかと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6822-8509

受付時間:10:00~21:00
定休日:不定休

※フォーム問合せは24時間受付中